RSS|archives|admin

ORDOVICIAN#2〜完成篇

2016.11.23 Wed
前回の記事から「なぜこうなった!??」の質問はガン無視すんよ!(笑)

と、ゆうわけで完成したわけですが・・・

時間を持て余してる方、暇で暇で仕方のない方、忙しいお時間の中ご覧くださってる方、色々な方に見ていただけたら幸いでございます。


それでは完成篇どうぞ〜


IMGP0780_convert_20161121230551.jpg


IMGP0782_convert_20161121230630.jpg


IMGP0783_convert_20161121230730.jpg


IMGP0784_convert_20161121230802.jpg


IMGP0794_convert_20161121231149.jpg


IMGP0795_convert_20161121231222.jpg


IMGP0791_convert_20161121231006.jpg


コンペティション参加作品だったので建前上(笑)オーラバトラーってことで通しましたが製作中はダンバイン世界のことはあまり気にせず、いつも通りの創作世界のキャラクターとして製作していきました。

かといって、あまり突飛なシルエットにしてしまうと「建前」が通用しなくなってしまいます。
頭部のカタチなどはリング状の輪の中にドクロが入ってる、ベガのようなシルエットのような頭部を考えてましたが、ダンバイン要素を残すためにダンバインやビルバイン系の鳥系のカタチにしております。



IMGP0798_convert_20161121231350.jpg

IMGP0792_convert_20161121231036.jpg


「オーラバトラー=生物的表現」の打破がマイルールでした。
生物的表現な作品は大好きだし、手癖でつくってしまうとどうしても生物的表現になってしまいそうだったので、オーラバトラーの作品でタブーであった(ホント?)金属や鉄的表現を盛り込んでみました・・・
って、コチラもいつもの創作ロボの手癖記号にw



IMGP0797_convert_20161121231322.jpg


IMGP0796_convert_20161121231253.jpg


関節の付き方や長さ、指の表情など気を使いましたw


IMGP0789_convert_20161121230935.jpg


心臓のあるロボットw

元々オーラバトラーは怪獣や怪鳥の死骸や甲羅から作ったフランケンな設定をもつロボットですから、心臓あってもおかしくなかろうと(笑)
人造感を出そうと右側に設置しました。

透明フードは厚めの塩ビで絞って、あえてボンヤリとしか内部が見えないようにしてみました。


IMGP0786_convert_20161121230834.jpg


火縄銃(笑)

ボゾンやビルバインも銃的なものを所持しているので火縄銃もアリかなとw

パテやプラ材を削って成形するのもしんどいし、木材の表現をワシのようなヘボもデラーが塗装では表現できないだろうと、木製部分はバルサ材で表現しています。







FullSizeRender-1_convert_20161123101610.jpg

なんとか完成まで漕ぎ着けられて安心しております。

展示会からこの撮影までの間に色々追加工作、塗りたししてるのは製作者以外誰も気がつかないだろうなー(笑)







スポンサーサイト
Theme:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 | Genre:趣味・実用 |
Category:創作模型 | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |