RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

馬頭型機械式甲冑

2017.08.07 Mon
二つに分断された世界。

優秀な者とそうでない者。
上の世界と下の世界。


あの事件がきっかけで、母、兄、私の家族全員が上の世界から下の世界に追放された。
文明レベルも数十年遅れている下の世界。環境汚染、貧富の格差、最悪な治安・・・
生活が一変した。




下の世界に来て8年経った頃、プライマリースクールのテストの結果がきっかけで私だけが上の世界に戻ることができた。
母と兄を置き去りにして、自分だけが上の世界に戻ることに対して心が痛むことはなかった。
一日も早く貧困でこの汚い毎日から抜け出したかったから。

後でわかったことだが、血筋やDNA、知能検査での結果で乳幼児のうちから下に追いやられる人間、私のように「何かのきっかけ」で上に償還される事例もあるらしい。(満14歳までだが)




上の世界にきて10年程経ち、私は世界を守る組織のエージェントの職に就いていた。

置き去りにしてきた家族のことなど完全に忘れていた私に、奇妙なミッションが下った。

ある男の抹殺指令。
記憶の中の面影よりも大人びた兄だった男が指令書には映っていた。
その男はいずれ上の世界に転覆を及ぼすような組織を構成する危険性がある。ということだった。

生き別れになった実の妹に殺されるテロリスト。
上の人間が考えそうな下劣で安っぽいシナリオだ。







戦いの勝利の象徴と称えられている、軍馬をモチーフにした機械式甲冑(パワードスーツ)、諸々のミッションパックをトランスポーター積み込み、上の世界と下の世界をつなぐ巨大エレベーターに乗り込んだ・・・









馬頭型機械式甲冑


なが〜い書き出し失礼しました。

ある日、作業部屋に遊びにきた模型友達が壊れまくって再生待ちの過去作品を見つけては、
「もったいないから、キチンと再生させなよ〜」
っと言ってくれたタイミングと、自分的にもいつかは直したい(改造したいw)とかんがえていたタイミングが一致したので、15年前の自分と向き合う覚悟を決めた訳です。



IMGP0824_convert_20170719211705.jpg


IMGP0825_convert_20170719211636.jpg

よくなんで馬なの?ってよく聞かれますが、チェスのナイトの駒が馬頭で戦士とか、戦神のイメージがあって勇ましくカッコいいと思ったからです。


IMGP0826_convert_20170719211537.jpg

背中の後光?みたいなユニット一式は光の膜がみよぉ〜んってなってるのを絵的に表現したかったものです。
15年まえの完成時には付いてなかった装備です。
なんとなく神様的になってしまったのも、うまく転がってくれたみたいです。


IMGP0827_convert_20170719211504.jpg

調子に乗って自作シールも作って貼ってみました。
甲冑装着してても素手でも強いよ!って威嚇的マークですw

IMGP0830_convert_20170719211022.jpg

広い面積を筆でタッチをいれるのは、オモシロくてなかなか止め時がわからなくなるのが沼です。



IMGP0828_convert_20170719211424.jpg


IMGP0829_convert_20170719211345.jpg

色々としんどかった時代の作品とは向き合うのは苦しかったのですが、最近になってからでしょうか。昔の作品と向き合える肝が据わってきたのは。
とは言いつつも、再生作業中は「うわ!昔のワシひどい!」「何ココ?ダサ!最初から作り直したい!」とか心にグサグサ刺さりながらの作業でした。

何年経っても出来はどうあれ自分の作品はかわいいものだな。となかなかの過保護モデリングでした(笑)







スポンサーサイト
Theme:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 | Genre:趣味・実用 |
Category:創作模型 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

フィナーレ〜さよならするのはつらいけど!

2016.12.31 Sat
2016統括



年齢を増すたびに一年、一年が早く感じるのは皆同じなのでしょうか。
仕事中や気まずい空気は長〜く感じるのにw


とゆー訳で今年の統括!!
でてこいやぁ〜〜!!!!








CruiserWeight Suit

IMGP0701_convert_20160124172929.jpg


ずっと塗装待ちだったものを、年越しユーストリーム観ながらペタペタと塗ったものです。
元旦に完成品がドーンとあがるなんえ我ながらモデラーの鑑だわwとか思いました(笑)





改人街の油売り

IMGP0692_convert_20160124172316.jpg


今年一番のマイブーム!12インチフィギュアの改造遊びw
ほぼ市販品の組み合わせでお手軽にできておりますが、我ながらかわいい子に育ってくれましたw




CRAZYーSS

IMGP0712_convert_20160228195413.jpg


我らがホラーヒーロー(笑)ジェイソンの12インチフィギュア改造です。
コイツも蝉男同様な作りで構成されています。
マッドマックス的なプロテクターを意識したり、某デスマッチレスラーを意識したり好きな記号てんこ盛りですw





GIRL SQUAD


IMGP0728_convert_20160326215021.jpg

復活藤岡1号のノバショッカー戦闘員がカッコ良くってシビレてしまい、WFで激安で買っておいた麻○久美子人形を改造して女戦闘員として製作しました。
ハイヒールとかトンプソン銃など戦闘向きではないのですが、あくまでも見た目&好み(笑)重視でやっておりますw





山怪人・鳥男(あだ名)


IMGP0744_convert_20160502215155.jpg

ペストマスクの怪人が作りたかったのでしょうw
でも普通にシルクハットや黒衣のコートなスチームパンクな感じにすると、うっかりカッコ良くなってしまうので、コミュ障な世捨て人な設定にしてみました(笑)
怪人は皆孤独なのだ・・・
始めてやった雪?寒?は試行錯誤しながらでなかなかオモシロかったです。





pig-suit


IMGP0771_convert_20160816104705.jpg

コイツに関しては元キットの原型師のたいすけさんに感謝の一言に付きますね。
一応、先に出た“CruiserWeight Suit”と同じ階級のスーツの設定です。
仕事中は手に持ってるブタヅラマスクをかぶるのでしょうw





帝衛機神イカタマゴ(蔑称

IMGP0765_convert_20160816104119.jpg


フィギュアなどナマモノ系が続いてたので、ロボットな機械的なものに飢えていて造り始めたものです。
なっかなか好きな人ができにくいフォルムができあがって嬉しかったです(笑)





ORDOVICIAN


IMGP0780_convert_20161121230551.jpg

千葉しぼりの旧キットコンペ用に造ったものですが、そん時に造りたかったものや、マイブームを無理矢理盛り込んだ作品です(笑)
旧キットを使っていればなにをやってもいいんでしょ?っていう、コンテストに出すには悪い作品のお手本のような作品ですが自分では結構気に入っておりますw




今年は8作品できました!
ブログやTwitterなどで作品を御贔屓に観てくださる奇特な方々(失礼💦)展示会やオフ会で作品を気にかけてくださる奇特な方々(失礼💦)いつも本当にありがとうございます!!

「濱薫の作品が前から好きで良かったぜ!」と思ってくれるように、来年もこれからも作品制作を続けていきますので、今後ともよろしくお願いいたします!

今回の記事の各作品タイトルをクリックするとその作品の記事にジャンプできますので興味のある方はぜひご覧になってください。





番外編





IMG_5194_convert_20161231004659.jpg

BFTC9100_convert_20161231004859.jpg

来年の一発目はコイツになるんでしょうか(笑)


皆様来年もよろしくお願いいたします〜

Theme:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 | Genre:趣味・実用 |
Category:創作模型 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

ORDOVICIAN#2〜完成篇

2016.11.23 Wed
前回の記事から「なぜこうなった!??」の質問はガン無視すんよ!(笑)

と、ゆうわけで完成したわけですが・・・

時間を持て余してる方、暇で暇で仕方のない方、忙しいお時間の中ご覧くださってる方、色々な方に見ていただけたら幸いでございます。


それでは完成篇どうぞ〜


IMGP0780_convert_20161121230551.jpg


IMGP0782_convert_20161121230630.jpg


IMGP0783_convert_20161121230730.jpg


IMGP0784_convert_20161121230802.jpg


IMGP0794_convert_20161121231149.jpg


IMGP0795_convert_20161121231222.jpg


IMGP0791_convert_20161121231006.jpg


コンペティション参加作品だったので建前上(笑)オーラバトラーってことで通しましたが製作中はダンバイン世界のことはあまり気にせず、いつも通りの創作世界のキャラクターとして製作していきました。

かといって、あまり突飛なシルエットにしてしまうと「建前」が通用しなくなってしまいます。
頭部のカタチなどはリング状の輪の中にドクロが入ってる、ベガのようなシルエットのような頭部を考えてましたが、ダンバイン要素を残すためにダンバインやビルバイン系の鳥系のカタチにしております。



IMGP0798_convert_20161121231350.jpg

IMGP0792_convert_20161121231036.jpg


「オーラバトラー=生物的表現」の打破がマイルールでした。
生物的表現な作品は大好きだし、手癖でつくってしまうとどうしても生物的表現になってしまいそうだったので、オーラバトラーの作品でタブーであった(ホント?)金属や鉄的表現を盛り込んでみました・・・
って、コチラもいつもの創作ロボの手癖記号にw



IMGP0797_convert_20161121231322.jpg


IMGP0796_convert_20161121231253.jpg


関節の付き方や長さ、指の表情など気を使いましたw


IMGP0789_convert_20161121230935.jpg


心臓のあるロボットw

元々オーラバトラーは怪獣や怪鳥の死骸や甲羅から作ったフランケンな設定をもつロボットですから、心臓あってもおかしくなかろうと(笑)
人造感を出そうと右側に設置しました。

透明フードは厚めの塩ビで絞って、あえてボンヤリとしか内部が見えないようにしてみました。


IMGP0786_convert_20161121230834.jpg


火縄銃(笑)

ボゾンやビルバインも銃的なものを所持しているので火縄銃もアリかなとw

パテやプラ材を削って成形するのもしんどいし、木材の表現をワシのようなヘボもデラーが塗装では表現できないだろうと、木製部分はバルサ材で表現しています。







FullSizeRender-1_convert_20161123101610.jpg

なんとか完成まで漕ぎ着けられて安心しております。

展示会からこの撮影までの間に色々追加工作、塗りたししてるのは製作者以外誰も気がつかないだろうなー(笑)







Theme:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 | Genre:趣味・実用 |
Category:創作模型 | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。